モラトリアム(Moratorium)-Omoinotake歌词(日文+中文翻译+假名&罗马音标注)

《鸣鸟不飞》主题曲-モラトリアム(Moratorium)

作詞:福島智朗

作曲:藤井怜央

原唱:Omoinotake

日文歌词来源:※ Mojim.com 魔鏡歌詞網

中文翻译来源:QQ音乐

假名、罗马音由本人标注,如有不对还请多指教。(全程手打累死我了

歌词仅供学习参考使用。侵删。


【歌词原文+中文翻译】

行き交う人々 水溜りに映る【往来行人倒映在水洼中】

ぼやけた信号 赤色のままで【模糊的交通信号仍是红灯】

街路灯のスピーカー 壊れたように【路灯上的扩音器 似乎已经损坏】

嘘ばかり 何度も歌ってる【只能来来回回歌唱着谎言】

 

淋しそうな笑みも 甘い呼吸も【寂寞的浅笑也好 甜腻的呼吸也罢】

遠い目の奥に秘めた想いも【甚至远方你眼眸深处隐秘的思绪】

窓辺を滴る 雫のようで【全都好似窗边划落的水珠】

 

この空が鳴き止んでしまえば君は【倘若天空不再哭泣】

帰るべき場所へ 飛び立ってしまうのだろう【你就会挥动翅膀 飞往应当回归之处了吧】

君とこのまま 鳥籠の中で 永遠 閉じ込められて【那不如此生永恒 与你同困鸟笼之中】

飛べないままで 微睡みの中【再也无法起飞 陷于混沌梦境】

 

寄り添う恋人 陽溜まりの傘を【恋人亲昵相依 共享一把阳伞】

分け合う姿 僕は目を閉じる【面对他们的身影 我闭上了双眼】

瞬いたウィンカー 急かされるように【信号灯闪烁不停 仿佛在催促着我】

靄がかる道を 選んだ夜【那夜 我选择走上了一条雾霭浓重的道路】

 

背中合わせのまま 重ねた時間も【一次次背靠着背 度过漫长时光也好】

口に含んでいる 優しい嘘も【口中凝噎的温柔谎言也罢】

夢ばかりをただ 疼かせるだけ【都只能让梦境 愈发苦不堪言】

 

この声を口にしてしまえば君を【倘若把心中的话宣之于口】

濡らしてる雨は 降り止んでしまうのだろう【淋湿你的大雨 一定会就此停止吧】

君とこのまま 鳥籠の中で 永遠 閉じ込められて【我愿此生永恒 与你同困鸟笼之中】

飛べないままで【再也无法起飞】

 

雨音に隠れて二人 密やかな囀りを【嘈杂雨声 掩盖了你我的轻声低鸣】

窓の外見つめないで 心 ここにおいて【请不要再眺望窗外 将你的心靠近我吧】

 

この空が鳴き止んでしまえば君は【倘若天空不再哭泣】

帰るべき場所へ 飛び立ってしまうのだろう【你就会挥动翅膀 飞往应当回归之处了吧】

君とこのまま 鳥籠の中で 永遠 閉じ込められて【那不如此生永恒 与你同困鸟笼之中】

 

飛べないままで【再也无法起飞】

 

今はただ描けない明日も【此刻 难以描绘的未来也好】

戻れない過去も 二人目を閉じて【回不去的曾经也罢 只想和你闭上双眼】

君とこのまま 鳥籠の中で 永遠 閉じ込められて【我愿此生永恒 与你同困鸟笼之中】

世界に二人だけ 求め合うまま【在这世界 只与你彼此需要】

 

鳥籠の中 微睡みの中【身陷鸟笼 心陷迷梦】

 

終わり【完】

 

【假名标注】

行(い)き交(か)う人々(ひとびと) 水溜(みずたま)りに映(うつ)る

ぼやけた信号(しんごう) 赤色(あかいろ)のままで

街路灯(ガイロトウ)のスピーカー 壊(こわ)れたように

嘘(うそ)ばかり 何度(なんど)も歌(うた)ってる

 

淋(さび)しそうな笑(え)みも 甘(あま)い呼吸(こきゅう)も

遠(とお)い目(め)の奥(おく)に秘(ひ)めた想(おも)いも

窓辺(まどべ)を滴(したた)る 雫(しずく)のようで

 

この空(そら)が鳴(な)き止(や)んでしまえば君(きみ)は

帰(かえ)るべき場所(ばしょ)へ 飛(と)び立(た)ってしまうのだろう

君(きみ)とこのまま 鳥籠(とりかご)の中(なか)で 永遠(えいえん) 閉(と)じ込(こ)められて

飛(と)べないままで 微睡(まどろ)みの中(なか)

 

寄(よ)り添(そ)う恋人(こいびと) 陽溜(ひた)まりの傘(かさ)を

分(わ)け合(あ)う姿(すがた) 僕(ぼく)は目(め)を閉(と)じる

瞬(まばた)いたウィンカー 急(せ)かされるように

靄(もや)がかる道(みち)を 選(えら)んだ夜(よる)

 

背中合(せなかあ)わせのまま 重(かさ)ねた時間(とき)も

口(くち)に含(ふく)んでいる 優(やさ)しい嘘(うそ)も

夢(ゆめ)ばかりをただ 疼(うず)かせるだけ

 

この声(こえ)を口(くち)にしてしまえば君(きみ)を

濡(ぬ)らしてる雨(あめ)は 降(ふ)り止(や)んでしまうのだろう

君(きみ)とこのまま 鳥籠(とりかご)の中(なか)で 永遠(えいえん) 閉(と)じ込(こ)められて

飛(と)べないままで

 

雨音(あまおと)に隠(かく)れて二人(ふたり) 密(ひそ)やかな囀(さえず)りを

窓(まど)の外見(そとみ)つめないで 心(こころ) ここにおいて

 

この空(そら)が鳴(な)き止(や)んでしまえば君(きみ)は

帰(かえ)るべき場所(ばしょ)へ 飛(と)び立(た)ってしまうのだろう

君(きみ)とこのまま 鳥籠(とりかご)の中(なか)で 永遠(えいえん) 閉(と)じ込(こ)められて

飛(と)べないままで

 

今(いま)はただ描(えが)けない明日(あす)も

戻(もど)れない過去(かこ)も 二人目(ふたりめ)を閉(と)じて

君(きみ)とこのまま 鳥籠(とりかご)の中(なか)で 永遠(えいえん) 閉(と)じ込(こ)められて

世界(せかい)に二人(ふたり)だけ 求(もと)め合(あ)うまま

 

鳥籠(とりかご)の中(なか) 微睡(まどろ)みの中(なか)

 

終わり

 

【罗马音标注】

行(い)き交(か)う人々(ひとびと) 水溜(みずたま)りに映(うつ)る

i ki ka u hi to bi to   mi zu ta ma ri ni u tsu ru

ぼやけた信号(しんごう) 赤色(あかいろ)のままで

Bo ya ke ta shi n go u   a ka i ro no ma ma de

街路灯(ガイロトウ)のスピーカー 壊(こわ)れたように

Ga i ro to u no su pi ka   ko wa re ta yo u ni

嘘(うそ)ばかり 何度(なんど)も歌(うた)ってる

U so ba ka ri   na n do mo u ta tte ru

 

淋(さび)しそうな笑(え)みも 甘(あま)い呼吸(こきゅう)も

Sa bi shi so u na e mi mo   a ma i ko kyu u mo

遠(とお)い目(め)の奥(おく)に秘(ひ)めた想(おも)いも

To o i me no o ku ni hi me ta o mo i mo

窓辺(まどべ)を滴(したた)る 雫(しずく)のようで

Ma do be wo shi ta ta ru    shi zu ku no yo u de

 

この空(そら)が鳴(な)き止(や)んでしまえば君(きみ)は

Ko no so ra ga na ki ya n de shi ma e ba ki mi wa

帰(かえ)るべき場所(ばしょ)へ 飛(と)び立(た)ってしまうのだろう

Ka e ru be ki ba sho e     to bi ta tte shi ma u no da ro u

君(きみ)とこのまま 鳥籠(とりかご)の中(なか)で 永遠(えいえん) 閉(と)じ込(こ)められて

Ki mi to ko no ma ma    to ri ka go no na ka de    e i e n    to ji ko me ra re te

飛(と)べないままで 微睡(まどろ)みの中(なか)

To be na i ma ma de    ma do ro mi no na ka

 

寄(よ)り添(そ)う恋人(こいびと) 陽溜(ひた)まりの傘(かさ)を

Yo ri so u ko i bi to    hi ta ma ri no ka sa wo

分(わ)け合(あ)う姿(すがた) 僕(ぼく)は目(め)を閉(と)じる

Wa ke a u su ga ta     bo ku wa me wo to ji ru

瞬(まばた)いたウィンカー 急(せ)かされるように

Ma ba ta i ta u wi n ka    se ka sa re ru yo u ni

靄(もや)がかる道(みち)を 選(えら)んだ夜(よる)

Mo ya ga ka ru mi chi wo    e ra n da yo ru

 

背中合(せなかあ)わせのまま 重(かさ)ねた時間(とき)も

Se na ka a wa se no ma ma    ka sa ne ta to ki mo

口(くち)に含(ふく)んでいる 優(やさ)しい嘘(うそ)も

Ku chi ni fu ku n de i ru     ya sa shi i u so mo

夢(ゆめ)ばかりをただ 疼(うず)かせるだけ

Yu me ba ka ri wo ta da    u zu ka se ru da ke

 

この声(こえ)を口(くち)にしてしまえば君(きみ)を

Ko no ko e wo ku chi ni shi te shi ma e ba ki mi wo

濡(ぬ)らしてる雨(あめ)は 降(ふ)り止(や)んでしまうのだろう

Nu ra shi te ru a me wa    fu ri ya n de shi ma u no da ro u

君(きみ)とこのまま 鳥籠(とりかご)の中(なか)で 永遠(えいえん) 閉(と)じ込(こ)められて

Ki mo to ko no ma ma    to ri ka go no na ka de    e i e n    to ji ko me ra re te

飛(と)べないままで

To be na i ma ma de

 

雨音(あまおと)に隠(かく)れて二人(ふたり) 密(ひそ)やかな囀(さえず)りを

A ma o to ni ka ku re te fu ta ri    hi so ya ka na sa e zu ri wo

窓(まど)の外見(そとみ)つめないで 心(こころ) ここにおいて

Ma do no so to mi tsu me na i de    ko ko ro    ko ko ni o i te

 

この空(そら)が鳴(な)き止(や)んでしまえば君(きみ)は

Ko no so ra ga na ki ya n de shi ma e ba ki mi wa

帰(かえ)るべき場所(ばしょ)へ 飛(と)び立(た)ってしまうのだろう

Ka e ru be ku ba sho e     to bi ta tte shi ma u no da ro u

君(きみ)とこのまま 鳥籠(とりかご)の中(なか)で 永遠(えいえん) 閉(と)じ込(こ)められて

Ki mi to ko no ma ma    to ri ka go no na ka de    e i e n    to ji ko me ra re te

飛(と)べないままで

To be na i ma ma de

 

今(いま)はただ描(えが)けない明日(あす)も

i ma wa ta da e ga ke na i a su mo

戻(もど)れない過去(かこ)も 二人目(ふたりめ)を閉(と)じて

Mo do re na i ka ko mo    fu ta ri me wo to ji te

君(きみ)とこのまま 鳥籠(とりかご)の中(なか)で 永遠(えいえん) 閉(と)じ込(こ)められて

Ki mi to ko no ma ma    to ri ka go no na ka de    e i e n    to ji ko me ra re te

世界(せかい)に二人(ふたり)だけ 求(もと)め合(あ)うまま

Se ka i ni fu ta ri da ke    mo to me a u ma ma

 

鳥籠(とりかご)の中(なか) 微睡(まどろ)みの中(なか)

To ri ka go no na ka     ma do ro mi no na ka

 

終わり


-- --
  • 投诉或建议
评论