红色警戒·新世界(番外·音乐课)

星海小梦走上台

梦(ゆめ)ならばどれほどよかったでしょう 
未(いま)だにあなたのことを梦(ゆめ)にみる 
忘(わす)れた物(もの)を取(と)りに帰(かえ)るように 
古(ふる)びた思(おも)い出(で)の埃(ほこり)を払(はら)う 
戻(もど)らない幸(しあわ)せがあることを 
最後(さいご)にあなたが教(おし)えてくれた 
言(い)えずに隠(かく)してた昏(くら)い过去(かこ)も 
あなたがいなきゃ永远(えいえん)に昏(くら)いまま 
きっともうこれ以上(いじょう) 伤(きず)つくことなど 
ありはしないとわかっている 
あの日(ひ)の悲(かな)しみさえ 
あの日(ひ)の苦(くる)しみさえ 
そのすべてを爱(あい)してた あなたとともに 
胸(むね)に残(のこ)り离(はな)れない 
苦(にが)いレモン(れもん)の匂(にお)い 
雨(あめ)が降(ふ)り止(や)むまでは帰(かえ)れない 
今(いま)でもあなたはわたしの光(ひかり) 
暗闇(くらやみ)であなたの背(せ)をなぞった 
その轮廓(りんかく)を鲜明(せんめい)に覚(おぼ)えている 
受(う)け止(と)めきれないものと出会(であ)うたび 
溢(あふ)れてやまないのは涙(なみだ)だけ 
何(なに)をしていたの 
何(なに)を见(み)ていたの 
わたしの知(し)らない横颜(よこがお)で 
どこかであなたが今(いま) 
わたしと同(おな)じ様(よう)な 
涙(なみだ)にくれ 淋(さび)しさの中(なか)にいるなら 
わたしのことなどどうか 忘(わす)れてください
そんなことを心(こころ)から愿(ねが)うほどに 
今(いま)でもあなたはわたしの光(ひかり) 
自分(じぶん)が思(おも)うより 恋(こい)をしていたあなたに 
あれから思(おも)うように 息(いき)ができない 
あんなに侧(そば)にいたのにまるで嘘(うそ)みたい 
とても忘(わす)れられないそれだけが确(たし)か 
あの日(ひ)の悲(かな)しみさえ
  あの日(ひ)の苦(くる)しみさえ 
その全(すべ)てを爱(あい)してたあなたと共(とも)に 
胸(むね)に残(のこ)り离(はな)れない 
苦(にが)いレモン(れもん)の匂(にお)い 
雨(あめ)が降(ふ)り止(や)むまでは帰(かえ)れない 
切(き)り分(わ)けた果実(かじつ)の片方(かたほう)の様(よう)に 
今(いま)でもあなたはわたしの光(ひかり)
如果这一切都是梦境该有多好 
至今还能在梦中寻到你的身影 
就像归家取回遗忘之物 
打扫尘封的记忆 
幸福无可再挽回 
是你最后告诉了我 
那些未对他人提及过的晦暗往事 
如果没有你 它们将永远沉睡在黑暗中 
明白必定不会再有其他 
伤心胜过于此 
甚至那日的伤悲 
甚至那日的痛苦 
将所有一切,连同深爱的你一起 
都化作深深烙印在我心中的 
苦涩柠檬的香气 
在雨过天晴前都无法归去 
时至今日 你仍是我的光芒 
在黑暗中追寻着你的身影 
那轮廓至今仍鲜明地刻印于心 
每当遭遇无法承受的苦痛时 
汹涌不停的都只有泪水 
曾经历过什么 
曾目睹过什么 
脸上浮现着我不曾见过的神情 
如果你正在什么地方 
与我一样 
终日过着以泪洗面的寂寞生活 
就请你将我的一切全部遗忘吧 
我从心底里祈愿 
时至今日 你仍是我的光芒 
我深深地恋慕着你 甚至超出自己的想象 
自那以后 再不能随心呼吸 
明明曾如此贴近 如今却恍如虚幻 
唯一能确定的是 对你难以遗忘 
甚至那日的悲伤 
甚至那日的痛苦 
将所有一切,连同深爱的你一起 
都化作深深烙印在我心中的 
苦涩柠檬的香气 
在雨过天晴前都无法归去 
如同被切开的半个柠檬一般 

时至今日 你仍是我的光芒”

百合走上台

“一起笑 一起哭 一起闹

久别的回忆又浮现

一点点 一天天 一年年

最好的朋友在身边

一起走 一起跑 一起跳

相聚到永远有多好

一瞬间 时光转 少年老

风吹叶落枝条 不眷恋

也许多年后

我们已天各一边

难再见 莫伤感

这一刻 须尽欢

一起笑 一起哭 一起闹

最美的青春不忘掉

一天天 一年年 一辈子

最好的朋友永在心间

我看见 这世界 一直变

你温暖的笑颜

总是灿烂如初见

幸运如我 有你相伴

举杯饮悲欢聚散

情谊存心间”

悖论

“感受停在我发端的指端

如何瞬间冻结时间

记住望着我坚定的双眼

也许已经没有明天

面对浩瀚的星海

我们微小得像尘埃

漂浮在一片无奈

缘分让我们相遇乱世以外

命运却要我们危难中相爱

也许未来遥远在光年之外

我愿守候未知里为你等待

我没想到为了你我能疯狂到

山崩海啸没有你根本不想逃

我的大脑为了你已经疯狂到

脉搏心跳没有你根本不重要

一双围在我胸口的臂弯

足够抵挡天旋地转

一种执迷不放手的倔强

足以点燃所有希望

宇宙磅礴而冷漠

我们的爱微小却闪烁

颠簸却如此忘我

缘分让我们相遇乱世以外

命运却要我们危难中相爱

也许未来遥远在光年之外

我愿守候未知里为你等待

我没想到为了你我能疯狂到

山崩海啸没有你根本不想逃

我的大脑为了你已经疯狂到

脉搏心跳没有你根本不重要

也许航道以外是醒不来的梦

乱世以外是纯粹的相拥

我没想到为了你我能疯狂到

山崩海啸没有你根本不想逃

我的大脑为了你已经疯狂到

脉搏心跳没有你根本不重要

相遇乱世以外危难中相爱

相遇乱世以外危难中相爱

我没想到”

白杨

Расцветали яблони и груши,

Поплыли туманы над рекой;

Выходила на берег Катюша,

На высокий берег,на крутой.

Выходила,песню заводила

Про степного,сизого орла,

Про того,которого любила,

Про того,чьи письма берегла.

Ой,ты песня,песенка девичья,

Ты лети за ясным солнцем вслед,

И бойцу на дальнем пограничье

От Катюши передай привет.

Пусть он вспомнит девушку простую,

Пусть услышит,как она поёт,

Пусть он землю бережёт родную,

А любовь Катюша сбережёт.

Расцветали яблони и груши,

Поплыли туманы над рекой;

Выходила”

下课后

“百合,你觉得未来,我们还能一起唱歌吗?”小梦

“如果我们考到一个大学就好了”百合

“你可真是可爱,让我抱抱”小梦一下保住了百合

“是的啊,未来还那样一起唱歌吗?”悖论





本文只是在水,请勿喷

文中的歌选自(lemon)(光年之外)喀秋莎(俄文:Катюша)(最好的朋友在身边)


-- --
  • 投诉或建议
评论