丧女的思考日常

この3年間、いつでも恋愛できるし、結婚もできる。でも結婚したら、どこにも行かなかなちゃったと思うと不安でいっぱいだった。結婚したら,自分と同じような子供が欲しくない相手を見つかる限り必ず子供を産むなければならない。でも子供が作ったら、面倒を見なければならない,どこに行っても、心配する。そして、結婚する相手が大男子主義持ち男ならさらに惨めだ。最後には相手が稼げない、自分自身も稼げないなら、生活 がどうなるんだろう。

結婚が怖かった。この世界は自分がまだ何にも知らないのに結婚する何て悔しい。金すらあればどこでもいけるが、そんな金持ちになれる自信がない。それに、好きな違うところに長い時間を過ごしたい、違う風景、また違う気持ちで感じたい。

行きたいとこが遠い,この目で見たい風景が多い。しかも、旅行みたいに表だけじゃなく、内にも感じたいだ。

未来にある時期の私はもし目の前の生活が嫌になったら,あの時の私は変わる勇気と能力もないなら,どうすると思わず心配した。私の一生は妥協と悔しいの中で過ごしていた,残るのは自分に対する無力な文句,そして、その文句の中にはもっとも笑えるのが「できるのに」。

本文禁止转载或摘编

-- --
  • 投诉或建议
评论